本文へ移動

ささえあい10年夢ビジョン<2021>

                                     【10年夢ビジョン】(2030年度到達)
              「ささえあい、  誰もが住みよい地域社会をつくろう」
                         ①共に考え、一緒に地域社会をささえます
                         ②「総合福祉拠点」を目指します
                         ③地域に「ささえあいの輪」を広げます

(1)事業目標
・高齢者福祉分野.......15事業所設置(現在12事業所)
・障がい者福祉事業......3事業所設置(現在1事業所)
・就労支援................ 5事業所設置(現在3事業所) 
                     計23事業所
・事業高..................約12億円(現在約9億円)
・障がい者法定雇用率2.3%以上、就労困難者などユニバーサル就労30%をめざし、進める

(2)活動目標
・組合員数......7,000人(新潟県の高齢者人口の1%)
・出資金目標...約3億円(月間事業高の3ケ月分)

                                           
                                        【中長期計画】(2021年度~2030年度)
                            中期5か年(第1、第2)計画

(1)第1期:安定期(2021年度~2025年度)
<組織面>・組織の安定と発展、ささえあいグループ形成の地盤づくり
     (ささえあいグループであるけやき福祉会、よろずクリニックとの合同研修会を実施)
     ・就労組合員が生協組合員としての意識を高める環境づくり
     (事業所内での勉強会や法人内での研修にとどまらず、外部講師を招いての研修を行う)

<事業面>・現事業所を継続、発展させ、「福祉総合拠点」づくりをめざす
      ・生きがい事業の開発、展開
     (現在開設されている佐渡の「ささえあい広場」や「へるぷS」の事業をより発展させていく)
     ・障がい者を1事業所1名以上の継続雇用する

<活動面>・一般組合員を増やし、組合員活動を強化、発展する
     (強化を図るための担当者を配置し、実行していく) 
      ・就労組合員全員で増資を達成する
               (毎月増資を促し出資金3億に近付ける)
     ・ささえあいグループ(医療法人・社会福祉法人等)の連携を強化する(第1期組織面に同じ)

(2)第2期:充実期(2026年度~2030年度/最終2030年度)
<組織面>・就労組合員が働きやすい環境をつくり、定着を図る
      ・地域に必要とされる仕事おこしのシステムをつくり、発展・強化する

<事業面>・新規事業のための投資の枠組み(計画)を設ける
     ・ニーズに対応し多種多様の新規事業に挑戦し、「福祉総合拠点」化を進める
     ・障がい者による事業所開設と運営を実践する

<活動面>・広報活動の強化を図る
               (広報戦略のグループが提案する今後の戦略を活用し、発信力を高める)
     ・ささえあいの輪を広げ、地域のより大きいネットワーク構築を模索する



ささえあいコミュニティ
生活協同組合新潟
〒950-2026
新潟県新潟市西区小針南台3-16
TEL.025-378-6181
FAX.025-230-6680
MAIL seikyou-jimukyoku@sasaeai-coop.com
高齢者が主体となり、経験や知恵を出し合い、福祉事業を始め、ニーズにあった事業展開を目指しましょう。仲間と一緒にささえあい生きがいをつくり出す全県規模の生活協同組合です。

 
TOPへ戻る